技術の観点から見た 日本のリプロダクティヴ・ライツ政策の問題点-医学哲学 医学倫理 28巻(2010)

更新日:2021年12月22日

リプロダクティヴ・ライツという観念は、中絶技術の発展し、プロライフの主張と女性の権利の衝突が緩和されたからこそ生まれた。生殖コントロール技術の発展の観点から、日本政府のリプロダクティヴ・ライツ政策の間違いを指摘した論文。 ​ 医学哲学 医学倫理 28巻 (2010), pp.38-48.



28_KJ00008960585
.pdf
Download PDF • 860KB




閲覧数:8回0件のコメント