中絶技術と

リプロダクティヴ・ライツ

:フェミニスト倫理の視点から

100000009002072419_10204_001_edited.jpg

吸引と中絶薬という安全な中絶技術が国際的な標準となるなか、日本では今も拡張掻把法が主な中絶手段とされている。こうした事態の裏には、中絶をタブーとする人々の意識の問題がある。本書では避妊と中絶を「生殖コントロール技術」と位置づけて世界と日本における実態を論じ、フェミニスト倫理の観点から女性の健康と権利を論じる。 著書

勁草書房 2014年