top of page

スタッフ風音が2024/2/26に提訴 「わたしの体は母体じゃない」訴訟

CALL4のサポートを受けています。 ――生殖能力に違和感を覚えたり、子どもをもたない生き方を確信をもって選択した者にとって、不妊手術は自分が自分らしく生きるために不可欠な手段です。しかし母体保護法は医療目的等以外の不妊手術を原則として禁止し、施術する場合にも子を既に出産していることや配偶者の同意を必要としています。CALL4はこれらの規定が、生殖に関する自己決定権(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)を侵害し、憲法違反であることを訴える原告らのサポートを本日より開始いたします。(CALL4サイトより



閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page